「不眠」「睡眠の質向上」に、安全な緑のクスリを活用!

皆さんは毎晩よく眠れていますか?

もしもNo,であれば、いえYes,であってもメディカルハーブを知ることは、生涯の中で睡眠の質向上だけでなく、生活の質そのものを大きく向上させることになります。

睡眠は健康を維持するための最も大切な休養のひとつです。

これを活用しない、あるいは知らないのは、とっても勿体なくて残念なことです。

自然のクスリ、ハーブは、睡眠薬の代替として研究も多く行われていて、副作用や習慣性の心配がないことも大きな利点です。

代表的なものに、バレリアン、パッションフラワー、レモンバーム、リンデン、etc. —-

そのもっとも大きな理由とは、メディカルハーブにはフィトケミカル(植物化学成分)という強力な抗酸化物質などが豊富に含まれているからです。

ほとんどのメディカルハーブには、フラボノイドというフィトケミカル成分が含まれていて、その働きは多岐に渡り、私達の身心のすこやかな健康維持に役立ちます。

体を暖める作用や腎臓や肝臓、胃や腸の働きを応援し、便や尿の排泄を促し、消化や代謝を助けたり、健康オタクにはたまらない働きがたくさんあるのです。

例えば、世界的に最もよく知られている代表的なハーブのひとつにカモミールティーがあります。

入眠前に、温めたミルク(牛乳や豆乳)ティーとしてナイトキャップにゆっくり味わいます。この時、「ゆっくり味わう」がもう一つのポイントでもあります。

と言うのは、カモミールに含まれるりんごの香りに似た優しい香り(精油成分)が脳に直接働いて、心身をリラックスさせ副交感神経へ導いてくれるからです。

(※キク科のアレルギーがある方は注意が必要)

【作り方】はとても簡単です。

お鍋で丁寧に作るのが一番オススメですが、後片付け要らずで超簡単なのは

マグカップでカモミールのティーパックを使用する方法です。

①レンジで温めたミルク(牛乳または豆乳)にカモミールのティーパックを入れ

②蓋をして5分~10分程度、ゆっくり蒸らします。

③更にティーパックをよく振って成分の抽出を促します。

☆シナモンがあればプラスオンすると更に美味しくなります。

お腹や身体中がほっこりと温まるので、安眠だけでなく生理痛の緩和にも最適です。

さらに、ミルクに含まれるカルシウムの成分が脳神経をなだめてイライラや興奮を落ち着かせてくれるのです。

でもそれだけではありません。

メディカルハーブの優れている点は、多様な成分が含まれてるため、調整作用があることです。

下痢や便秘といった真反対に症状に対して、どちらにもやさしく作用し、調整してくれる働きがあるのです。

健康意識が益々高まるこれからの時代、

西洋薬と緑の自然薬を、状況やケースに応じて上手に使い分けして、「自分の健康は自分で守る」セルフメディケーションを意識したいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする